【簡単・本格・作り置き】キャロットラペの作り方

こんにちは♪
カジュアル薬膳スタイル『KANAパン』のおうち薬膳カフェ🍚です。
毎回、自由な発想から、美味しくてヘルシーな、カジュアル薬膳スタイルのレシピをご紹介しています。

今回の食材は、ビタミンカラーのオレンジ色が鮮やかな冬食材人参(にんじん)

サンドイッチにはさんだり、付け合せ野菜としても…作り置きして毎日食べたい「基本のキャロットラペ」と、
おすすめのアレンジレシピ、
①棗(ナツメ)入りキャロットラペ
②ドライブルーベリー入りキャロットラペ
をご紹介します。

酸味食材には、引き締め作用があります。
例えば、ついつい食べ過ぎてカロリーオーバー気味な生活が続いている…。
そんな時は、適度にお酢レモンなど…を意識して料理にとり入れると、バランスがとれます。
冷蔵庫で4,5日は保つから、作り置きしておくのがおすすめです。

♯人参レシピ ♯カジュアル薬膳スタイル
♯キャロットラペ
♯棗
♯年代別薬膳



基本のキャロットラペの作り方

基本のキャロットラペ
基本のキャロットラペ

基本のキャロットラペの作り方(所要時間10分)

材料
・人参…中1本

調味料
・砂糖…大さじ1/2
・塩…小さじ1/2
・酢…大さじ2
・レモン汁…大さじ1
・ガラムマサラ…少々

飾り用
・ピンクペッパー(粗挽きこしょうでも可)…適量
・ナッツ(今回はアーモンド)…適量
・ディル(お好みで)…適量

<作り方🍚>
人参をスライサーで細かくスライスする。
調味料を、砂糖レモン汁ガラムマサラ→ピンクペッパーの順に入れ、よくあえてから
ナッツディルをお好みで散らしたら…完成です(^^)/

キャロットラペのアレンジレシピ(二種)

本のキャロットラペを作り置きしておけば、冷蔵庫で4、5日は保存がきくからとっても便利。
我が家でも、サンドイッチにはさんだり、お弁当に入れたり…と大活躍しています。
人参のオレンジ色で見た目も華やかになるし、さっぱりしたほどよい酸味で、身も心もキュッと引き締まる気がします。

ちなみに、私は、家にある食材のなかから、合いそうなものを、その日の気分によって変えたりしています。
その中でもおすすめの、薬膳食材の「ナツメ入りキャロットラペ」と「ドライブルーベリー入りキャロットラペ」を紹介します。

キャロットラペアレンジ2種材料
キャロットラペアレンジ2種材料

棗(ナツメ)入りキャロットラペの作り方

材料
・基本の人参ラペ…
適量
・棗(ナツメ)…
適量
・ディル…適量

<作り方>

基本のにんじんラペに、食べる直前、ドライなつめをさっくりと和える。
ディルをお好みで散らしたら…完成(^^)/

※ドライなつめは、サクサク感が命なので、食べる直前に和えるのがポイントですよ~(^^)

ドライ棗
サクサク感がたまらないそのまま食べても美味しい♪ドライ棗(ナツメ)

 

ライブルーベリー入りキャロットラペドライブルーベリー入りキャロットラペの作り方

ドライブルーベリー入りキャロットラペ

材料
・基本のキャロットラペ…適量
・ドライブルーベリー…適量

<作り方>
基本のキャロットラペドライブルーベリーを加えてさっくりと和えたら…完成。

ブルーベリー入りキャロットラペは、和えて10分ほどおいて、ドライブルーベリーがなじんだらいただきます(^^)/

 

ャロットラペが大好きな私は、人参を1袋買ってくると、新鮮なうちに、1本をまず、ラペにします。

色々アレンジして、最近試したのは、

「小魚アーモンド」とのコラボ。

小魚アーモンド入りキャロットラペ
小魚アーモンド入りキャロットラペ

 

小魚アーモンドが家に残っていたら試してみてね♪
ここでも、カルシウムカルシウム~。

んなキャロットラペ。
はりきって作ってみるのに
子供たちの受けはいまひとつ…^^;

薬膳からみた「年代別の必要栄養素」とは?

膳を知ってから、その理由がわかりました。
それは、年代によって、必要な栄養素は変わるということ。酸味食材は子供にとって、あまり得意ではないんですね。
子供時代は、内臓がまだ未熟なので、消化吸収力を高める「脾」を高める食材、0代はバランスを心がけていれば大丈夫ですが、30代後半くらいからは、「肝」の働きを養う食材が必要になってきます。
50代からは、「腎」を養うことも必要になります。

薬膳POINT
年代によって変わる必要な栄養素は?
10代→成長過程で内臓がまだ未熟なので、消化吸収力を高める「脾(消化吸収の機能)」を養う食材中心に。
(かぼちゃ、米、大豆、さつまいも、りんご、人参など。)
20代~30代半ば→気力・体力共に充実した年代。五味調和でバランスよく食べることを心がけましょう。
30代後半~50代→働き盛りで忙しく、色々とストレスも多い年代なので、「肝」を養う食材を意識的に摂りましょう。
(緑の濃い食材(ほうれん草など)、柑橘類、キウイフルーツ、レーズン、レバーなど。)
50代~→生命エネルギーである「気」を補い、「腎」を養う食材を意識して摂るとよいです。
(黒い食材(黒ごま、黒豆など)や、鹹味食材(昆布、牡蠣、えび等)、元気の「気」を補う山芋や栗など。)
                                             参考図書:日本漢方養生協会公式テキスト

そんなこんなで、

子供たちに、無理強いすることはやめにして、
キャロットラペは、ほぼ、自分のために作っています。(山盛りラペ、うまし(^^)/)

では、皆さんどうぞ、
STAY HOME…♣ STAY SAFE…♣ STAY HEALTHY…♣

今回も、最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m