「クリムドファリーヌ」の外観デザインのルーツ「浜松市ぬくもりの森」でファンタジー体験をしてきました!

こんにちは♪
カジュアル薬膳スタイルKANAパン🍚』おうち薬膳カフェです。

すてきなパン屋さんて、沢山ありますよね。

お店にもパンにも、それぞれ個性があって、外観や店の雰囲気だって、ほんとに様々ですね。

「クリム・ド・ファリーヌ」は、パンが美味しいのはもちろん、建物の外観が、とてもかわいくって、まさに大人ファンタジーの世界。店を訪れるたびに、パンを買う楽しみはもちろん、なんだかHAPPYになれる、そんな魅力のあるお店です。

そこで、「クリムドファリーヌ」の外観デザインのルーツである、「ぬくもり工房」建築の魅力がたくさん詰まった、テーマパーク「ぬくもりの森」へ、今回、行ってきました。

「クリムドファリーヌ」の外観と、ぬくもりの森へ行ったレポ、そして、詳しい店の場所や営業時間、定休日、駐車場情報もまとめてみましたので、ぜひ、参考にしてみてください。

    「クリム・ド・ファリーヌ」のこだわりの外観

    「クリムドファリーヌ」は、愛知県幸田町にある、かわいい食パンの形をイメージした建物が目印。

    お向かいにある、森のケーキ屋「クリム」が経営しています。

    ↓「クリム・ド・ファリーヌ」の外観・2019年2月撮影 クリムドファリーヌ・外観

    入り口の扉はアーチ状でガラス張りになっています。ドアノブはよく見ると…、クロワッサンでとってもキュート。

    上にある玄関照明は、アンティークのステンドガラス、温かみが感じられます。

    ↓2019年2月撮影

    「クリムドファリーヌ」・ドアノブ・クロワッサン

    こちらは、向かいのケーキ屋「クリム」の外観。雰囲気がなるほど、よく似ていますよね。

    ↓森のケーキ屋「クリム」外観・2019年2月撮影

    「クリムドファリーヌ」・向かいのケーキ屋「クリム」外観

    建物の外にも、こんなかわいらしい小屋を発見!これは、「空とぶガーデンハウス」といって、

    2014年に浜名湖花博の企業ブースに登場して、話題となりました。扉にハートの形の窓があったり、

    丸っこいフォルムが、なんとも癒やされます。

    ↓2019年6月撮影

    クリムドファリーヌ・空とぶガーデンハウス

     

    「ぬくもり工房」の世界観を体感しに、いざ!ぬくもりの森へ。

    この、「クリムドファリーヌ」の建物を手がけたのは、静岡県浜松市にある「ぬくもり工房」という工務店です。

    今回、その、「ぬくもり工房」建築の魅力がたくさん詰まった、静岡県浜松市にあるテーマパーク「ぬくもりの森」へ行ってきました。

    • 東名浜松西インターから車で10分。
    • 新東名浜松SA(スマートIC)から車で30分。

    浜松市西区の、浜名湖・舘山寺温泉の近くにありました。

     第一駐車場に到着。地元で人気の観光スポットだけあって、大型バスも入れる広い駐車場です。

    車を降りたら、「ぬくもりの森」らしき建物は見当たらず…。探してしまいましたが、案内係の方がいて、詳しい道を教えてくれました。駐車場入り口横の自動精算機で入場料(大人300円)を払い、さあ、出発♪

    (詳しい道案内と入場料についての詳細は、下の方にあります。)

    徒歩で約6分くらい、ゆるやかな坂道を歩いていくと「ぬくもりの森」に到着。

    ↓ぬくもりの森案内図・2019年6月撮影

    中世ヨーロッパを思わせるようなクラシカルな建物があちこちに建っていて、まるで絵本の世界に迷い込んだかのよう。

    ケーキショップやレストラン、雑貨屋さん、浜松市初のフクロウと触れ合えるカフェなど、現在、13の店が入っています。

    いわば、森のなかのテーマパークです。

    ↓「ぬくもりの森」にて・2019年6月撮影

    「クリムドファリーヌ」ぬくもりの森・店案内

    こちらの、ひときわ大きな建物は、「ぬくもりガレリア」です。

    ↓「ぬくもりガレリア」外観・2019年6月撮影

    ぬくもりの森「ぬくもりガレリア」

    「ぬくもりガレリア」は、創業者が実際に生活の場として住んでいた場所で、建築ギャラリー・憩いの空間として開放されています。

    また、貸し切りで利用もでき、誕生会や記念日、パーティーなど多目的に使うこともできるそう。

    この日は、雨が降っていたのにもかかわらず、大勢のカップルや、グループで来ている人達がいました。デートにもオススメです。

    「ぬくもりガレリア」の建物下をくぐってみると、

    ↓「ぬくもりガレリア」・2019年6月撮影

    ぬくもりの森「ぬくもりガレリア」

    ↓「ぬくもりガレリア」・2019年6月撮影

    ぬくもりの森「ぬくもりガレリア」

    中庭カフェがありました。その雰囲気は、一瞬、ヨーロッパにいるような錯覚におちいってしまいました。

    ↓「中庭カフェ」の様子・2019年6月撮影

    「アンティーク」・ぬくもり工房・ぬくもりの森中庭カフェ

    ケーキショップ「お菓子の森」で、ティータイム。一番人気の、和栗のモンブラン(1ケ520円)をいただきました。

    ↓「お菓子の森」外観・2019年6月撮影 

    「ぬくもりの森」・ケーキ屋「お菓子の森」

    メレンゲの上には和栗のクリームがたっぷり。そして、真ん中には、大きな和栗が入っていて、とてもおいしかったです。

    店内はクラシカルなアンティーク家具がそろっていて、おしゃれな絵も飾ってあり、大人の雰囲気。また、温かみもあって居心地のよいところに、「ぬくもり工房」建築の良さを感じました。

    ↓「モンブラン」お菓子の森にて・2019年6月撮影

    「ぬくもりの森」・「お菓子の森」・モンブラン

    こんな、かわいらしいお土産も売られていました。

    ↓「お菓子の森」で見つけたお土産・2019年6月撮影 

    「ぬくもりの森」・お土産

    今回、「ぬくもりの森」を訪れ、個性的な屋根や窓の形、扉、また、木、石、漆喰などの自然の素材で「ぬくもり工房」建築にしかない「こだわり」と「世界観」を存分に楽しむことができました。また、ぜひ、行ってみたいと思います。

    「クリム・ド・ファリーヌ」と「ぬくもりの森」の営業時間・定休日・駐車場情報

     ★「Crem de farine クリム・ド・ファリーヌ」

    • 住所:愛知県額田郡幸田町大草字北前田11-3 ・電話:(0564)73-0308
    • 営業時間:9:00~18:00

    • 定休日:火曜、第2・4水曜
    • 駐車場 10台

     

     ★「ぬくもりの森」

    住所:静岡県浜松市西区和地町2949 ・電話:(0534)86-1723 

    • 営業時間:10:30~17:00

    (受付10:00~、最終入場16:30)

    • 入場料:大人(中学生以上)300円

            (小学生以下は無料です。)

    • 定休日:木曜日(臨時休業日があるのでホームページで確認してください)
    • 駐車場:第一駐車場に50台以上

    「クリムドファリーヌ」、かわいい食パンの形をイメージした建物が目印です。

    また、浜松市にある、「ぬくもり工房」の世界観を体感できる「ぬくもりの森」、ぜひ、訪れてみてください。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

     

    「緑と風のダーシェンカ幸田本店」の「土日限定・食べ放題バイキング」の感想とおすすめパンは?

    こんにちは♪
    カジュアル薬膳スタイルKANAパン🍚』おうち薬膳カフェです。

    たまの休日や時間に余裕がある時には、お気に入りのパン屋で「パン屋ランチ」はいかがですか?

    家族や友人、子供と行くのもいいし、ひとりの時間を過ごすのもマル♪美味しい焼きたてパンを味わいながら、思い思いの時間をゆっくり過ごすって、いいですね。

    「緑と風のダーシェンカ幸田本店」は地元の人はもちろん、県内外からもお客さんが訪れる、人気のパン屋。

    ↓2019年2月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」外観画像

    人気の理由は何なのでしょうか?

    それは…、

    無添加にこだわった石窯パンと、そのパンを食べることのできる、広くて、居心地のよいカフェ。

    お店の横に併設されているこのカフェ、平日は比較的空いてて、子連れで行くカフェとして、オススメの穴場スポットです。そして、「土日の食べ放題バイキング」はいつも大人気。

    なぜ、この「土日食べ放題バイキング」がそれほどまでに人気なのでしょうか?

    今回、その、気になる「土日限定食べ放題バイキング」へ、家族で行ってきました。

    「緑と風のダーシェンカ」の「土日限定食べ放題バイキング」の感想は?

    「土日限定・食べ放題バイキング」の料金と時間はこちらです。

    🍞・料金 ・大人1000円 ・小学生以上600円 ・4歳以上は400円

    🍞・時間 11時~14時の間で1時間制 ※受付は10時~12時半。(日によって、待ち時間がかかることがありますが、12時半までに受付ををすませれば、OKです。)

    🍞電話での予約は不可、当日、直接レジにて受付してください。

    ↓店の入り口にて・2019年6月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」パンバイキングの看板

    行ったのは、すでに12時半、受付終了時間ギリギリの時間でした。

    店内に入って受付をレジにて済ませようと待っていると、なんと、40分待ちとのこと。

    ↓2019年6月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」店周辺の田

    外に出てみると、結構いい眺め。田園地帯が広がっていて、すぐそばをJRが通っていて、電車が通るのが見えたり、田んぼの緑がきれい。子どもたちを遊ばせているうちに、あっという間にバイキングの時間に。

    店に入ると、薪の香りと、美味しそうなパンのにおい!

    ダーシェンカのパンは、無添加素材と手作り酵母によって作られていて、手作りの石窯と薪火で一つ一つ丁寧に焼かれているのが、こだわり。

    私が行った日に使われていた酵母は、「イチゴとお米」でした。他にも、ぶどうやりんごなど、季節によって変わります。

    ↓2019年6月撮影

    ダーシェンカ・酵母

    「ダーシェンカのパンは、酵母づくりから始まって、一つのパンが焼き上がるまでに沢山の手間ひまをかけて作られている…」うんうん納得です。

    1時になって、カフェ内で待っていると、店員さんが名前を呼んでくれ、番号札をもらって、いざ指定のテーブルへ。

    周りのお客さんは、小さなお子さんがいる家族連れだったり、ご夫婦で来ている方が多かったです。

    ↓バイキングの様子・2019年6月撮影

    緑と風のダーシェンカ・パンバイキング

    そしていよいよ、パン食べ放題バイキング、スタート。

    長テーブルに、20種類以上のパンが、食べやすい大きさにカットされて、ケースに入ってます。

    始まってまもなく、「ピザが焼き上がりました~」と店員さんが持ってきてくれた、大きなピザ。あれよあれよという間に、あっという間に1枚残らず、なくなってしまいました。私も、食べたかったなあ。ピザは、お早めのゲットがオススメです。

    この日のメインディッシュは、カレー味のきのこ入りグラタンと、チーズオムレツ、スクランブルエッグ…と、卵料理が多かった印象です。ちなみに、素材にこだわっていて、全てランニングエッグの卵が使われているそう。

    ↓2019年6月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」・パンバイキング

    ちなみに、ランニングエッグとは、愛知県岡崎市にあるタマゴ専門ショップ「太田商店」が販売している、おいしくて栄養たっぷり、そして食の安全を追求したタマゴ。卵かけごはんで食べるのが一番美味しいと言われていますが、そのランニングエッグが全てに使われてるんですね。「食へのこだわり」を感じます。

    スープは、ウインナー入り野菜かきたまスープ。

    そして、飲み物は、

    ・りんご

    ・オレンジ

    ・キャロットジュース

    ・アイスティー

    ・アイスコーヒー

    ・ホットコーヒーに、ホットの紅茶

    がありました。

    他に、サラダとフルーツ(オレンジとバナナ)がありました。

    ケース内のパンが少なくなると、新しいパンを補充してくれます。それは、種類も異なったパンで、どうしても、全種類を制覇したくなりますね。

    スライスされた食パン、抹茶ベーグル、ブルーベリーベーグル、フランスパン、ウインナー入のもの、アンパン、メロンパンなど、20種類以上でどれも美味しかったです。

    子供たちは、お腹がいっぱいになると、すぐ、キッズコーナーへ行って遊んでました。

    ↓キッズコーナー・2019年6月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」・キッズルーム

    レゴや木のおもちゃで遊んだり、絵本も沢山あって、飽きることもなかったです。

    1時間という時間はあっという間でしたが、今回の「土日限定パン食べ放題バイキング」、お腹も心も満たされて大満足、ご馳走さま(≧▽≦)!!

    「緑と風のダーシェンカ」のカフェの雰囲気と写真

    ↓平日午後のカフェの様子・2019年4月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」平日のカフェ

    平日の、カフェ。 入ると、自然光が入る、ゆったりとした広い空間です。ゆっくり過ごせるようにとのお店の気遣いでしょうか、おしゃれな雑誌もありました。この日は、小さな子連れママや、女性客がほとんどでしたね。昼間のカフェって、大事な憩いの場ですよね。

    中央には、薪ストーブがあって、その周りを囲むようにして、10テーブル。天然木で、同じ形のものは一つとしてなく、なんだか、とっても落ち着ける空間です。

    かわいいダーシェンカの額が飾られている、キッズコーナー(上写真)には、木のおもちゃや絵本、手作りの輪投げなどがあって、安心して過ごすことができます。

    その他、家具だったり、案内のポスターは、手作り感満載。

    そうそう、いたるところに、店のキャラクター、ダーシェンカがいましたよ。あくびをしていたり、ごろんとしていたり…色んな表情があってかわいいんです。いくつ、見つけられるか、探してみるのも楽しいかも。

    ちなみに、この店のキャラクターである、「ダーシェンカ」は、カレルチャペックの絵本「ダーシェンカ」の主人公の名前から来てるんです。とても、良い本なので、お子さんへの読み聞かせに、おすすめです。

    このように、カフェ内は、時間も忘れてしまうほどに、ゆったり、ほっこり、くつろげる空間でした。

    帰りに、店の看板商品である、ダーシェンカを買っていきました。

    ↓2019年6月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」・パン・ダーシェンカ

    創業時からある、店の看板商品の「ダーシェンカ」。大きさ20センチほどもある、ハードパンで、2種のレーズンとくるみがふんだんに入っています。

    半分にカットされた、ハーフサイズ、また、1枚単位からのスライスもしてもらえるので(1枚120円)、ちょっと、一つは多すぎるなという方は、店員さんに気軽に声をかけてみてください^^。

    ちなみに私は、この大きなパンを買う時は、お店で2センチくらいの厚みに、あらかじめカットしてもらいます。買って帰って、すぐに食べられるから。それに、特に焼き立ての場合は、まだパンが落ち着いておらず、ふわふわ過ぎて上手く切れなかったりしますよね、なので、お店で切ってもらえば、安心ですよ。

    これはどこのパン屋さんにでも言えることですが、そういった細かな注文にも気軽に応じてくれたりします。

    ↓「ダーシェンカ」にクリームチーズを塗って朝食・2019年6月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」パン・ダーシェンカにクリームチーズ

    こちらの、店でスライスしてもらった、ダーシェンカ。そのまま食べてももちろん美味しいですが、おすすめは、

    クリームチーズを塗って食べる♪パンのレーズンやくるみとクリームチーズ。相性ばっちりでとっても美味しいですよ。上の写真は、ストロベリー味のクリームチーズを使用しました。そして、添えのサラダと、かぼちゃのポタージュで、美味しい朝食をいただきます♪

    「緑と風のダーシェンカ」の駐車場と混み具合は?

    駐車場は、店の正面駐車場と、もう一つ、道を挟んで向かい側に、広い駐車場があり、50台ほど停められるので、平日は、よほど大丈夫です。

    それが、土日になると、店で買うお客さんと食べ放題バイキングのお客さんとで、駐車場はずっと満車に近い状態。駐車場確保のために待つ車までいるほどでした。店の周りの田んぼ横に、路駐もOKで、車を停めているお客さんも結構いました。私が行ったときも、ほぼ満車、なんとか1台分、空いていたので、停めることができラッキーでした。

    ↓2019年6月撮影

    「緑と風のダーシェンカ」周辺

    「緑と風のダーシェンカ幸田本店」の営業時間・定休日・駐車場情報

    「緑と風のダーシェンカ幸田本店」は、JR相見駅からほど近く、田園地帯の中、ひときわ目を引く、赤や黄色のカラフルなカントリー調の建物。併設のカフェは建物の奥側にあります。

       「緑と風のダーシェンカ 幸田本店」

      •  愛知県額田郡幸田町大字菱池字桜塚174
      •  電話 0564-63-3273
      •  営業時間 AM10時~PM6時30分

    •  定休日 毎週月、火曜日
    •  駐車場 50台

    「土日食べ放題バイキング」の時間帯は、駐車場が満車になることが予想されますが、その場合、田んぼ横に路駐でもOKです。

    「土日限定食べ放題バイキング」では、広くてアットホームな雰囲気のカフェで、20種類以上のパンやグラタン、チーズオムレツ、スープに飲み物、サラダ、フルーツが全て食べ放題、使用されているタマゴは太田商店のランニングエッグ、素材は無添加で体に優しく、とっても美味しかったです。

    お腹も心も大満足の「緑と風のダーシェンカ幸田本店」の土日限定、パン食べ放題バイキングでした。

    みなさんも、ぜひ、お出かけされてみてください。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。