「簡単・洋風」いちごの手まり寿司の作り方と丸め方のコツは?

いちごの手まり寿司その2

こんにちは。

KANAパンの「おうち薬膳カフェ」です♪

和食(WASHOKU)=寿司(SUSHI)というくらい、海外ではお寿司は人気のようです。
そもそものお寿司って、主に魚介類がのっているというイメージ…。
ですが、美食の国フランスでは、デザート寿司やフルーツ寿司なるものがあるのだそう。
それを、美味しく感じるか、感じないかは別として(笑)、自由な発想がいいですよね。

今回のこの、洋風な「いちごの手まり寿司」も、そんな自由な発想で考えました。
黒米の鮮やかなピンクのすし飯の上に、いちごをのせちゃいます。

薬膳的にもバランスが良く、きゅうりのかっぱ巻きのように、さっぱりと美味しくいただけます。

今回のPOINT
イチゴ××黒米の組み合わせ
「寒性」のいちごが、ストレスなどで肝にこもった熱をクールダウン。
お酢の血液サラサラ効果で、肩こりや肌のくすみに効果的。
そして、黒米で元気を補います。
・「型」を使って、手まり寿司の大きさや形を均等にそろえます。
(もしも型がない場合の作り方もご紹介しています。)

いちごの手まり寿司。
薬膳効果も高い一品。
変わりネタとしても、おもてなしやパーティーでぜひ、取り入れてみてください。

今回の食材「イチゴ」、「黒米」の特性と効能も併せてご紹介します。

「簡単・洋風」いちごの手まり寿司(黒米すし飯)の作り方は?

いちごの手まり寿司

いちごの手まり寿司(黒米入り)

材料(10個分)
・米 2合
・黒米 大さじ1
・昆布 2~3センチ 1枚
・酒 大さじ2
・いちご 大きめのもの3粒
・はちみつ 少々
・パセリ(お好みのハーブ)少々

<合わせ酢>
米酢 大さじ4
砂糖 小さじ3
塩  小さじ1

★下準備から♪
・いちごは縦に3等分に切る。
・パセリはみじん切りにしておく。

STEP1
すし飯作りからスタート♪
①炊飯器を「すし飯コース」にセット。
(もし、すし飯コースがなければ、普段より水の量を控えめにし、固めに炊きます。)
②洗ったお米と水を入れて、黒米を入れ軽くかき混ぜる。
③酒、昆布を入れ、軽くかき混ぜたら、炊飯スタート♪
STEP2
合わせ酢を作ります♪
米酢、砂糖、塩をボウルに入れ、しっかりと混ぜ合わせる。(加熱する必要はありません。)
★合わせ酢作りのポイント
手まり寿司のときはネタの味を引き立たせたいので、砂糖の量を控えめにします
(色々な具を巻き込む手巻き寿司やいなり寿司は、甘めにするといいよ♪)

STEP3
★炊きあがったら、昆布はとりだし、すし飯作り♪
①大きめのボウルに、炊きあがったご飯を入れ、合わせ酢を加えて、さっくりご飯を切るように混ぜ合わせる。
(※ここで、酢はすべて加えず、最後の味の調節用に少し残しておきます。)
②寿司桶にご飯を移し、うちわなどであおぎながら、水分を飛ばすように、しゃもじでご飯を切るようにして、照りがでて、酢がご飯になじむように混ぜる。
そして、残った合わせ酢を、少しずつ加えながら、好みの味になるまで調節していきます。
扇風機があればさらに、GOOD♪)

③完成したすし飯は、乾燥しないよう、ぬれ布巾をかけておきます。

「型」を使った手まり寿司の丸め方とコツは?

まり寿司を上手に作るコツは、形や大きさを均等にそろえること。

「型」を使うと、失敗なしで作ることができます。
今回は、DAISO(ダイソー)の型を使います。

手まり寿司型

①型の中にすし飯をふんわり入れ、蓋をしたら強めに振るだけ。
(大きさ5センチ、約30グラムのかわいい真ん丸の手まり寿司が簡単にできる♪)

②スライスしたいちごを準備します。

③丸めたすし飯がすっぽり入るくらいの大きさのお皿を準備。

④お皿の上にラップを敷き、いちごを置きます。

手まり寿司具包み方


⑤その上に丸めたすし飯をおいて、きゅっと茶巾にします。

手まり寿司包み方ご飯

てまり寿司丸めかた

⑥いちごに、お好みでハチミツを少量つけ、パセリのみじん切りや菊花を散らす。

完成~!!

手まり寿司(いちご)

★「型」がない場合の手まり寿司の作り方
「型」なしで、大きさ、形のそろった真ん丸手まり寿司は作るには…
①すし飯を30グラムずつはかり、必要個数分を作って分けておく。
②ラップを必要個数分準備し、いちご⇒すし飯の順にのせて、茶巾にする。
完成!!

今回の食材「いちご」と「黒米」の働きと効能は?

ぱくておいしい春食材のいちごは、意外にも「寒性」の食材。
体を冷やす作用が強いので、その性質を活かしていきたいですね。

まず、薬膳の基本「五味」「五性」「帰経」で確認してみましょう。
五味 鹹(塩味)のうちの「甘味」「酸味」⇒「甘味」が疲労を回復、「酸味」は肝の働きを高めるとともに収斂作用で筋肉や毛穴を引き締め、汗などが出すぎるのを防ぎます。
五性 熱性・温性・平性・涼性・寒性のうちの「寒性」⇒体を冷やし、熱を鎮める性質がある食材。
帰経 肺・胃・肝(に作用する)
今回の薬膳Point①
いちごの効能をまとめると…
肺に潤いを与え、口内の乾燥、声がれ、喉の痛みに効果があり、また、肝にこもった熱をクールダウンするので、ストレス性の不眠や頭痛、目の充血に効果があります。

続いて、黒米。
五味 鹹(塩味)のうちの「甘味」⇒疲労を回復させ、滋養強壮効果。
五性 熱性・温性・平性・涼性・寒性のうちの「平性」⇒体を温めすぎず、冷やしすぎない、バランスのとれた食材。体にやさしく、常食に向いている。
帰経 脾・胃・腎(に作用する)
今回の薬膳Point②
黒米の効能をまとめると…
黒米は、脾や胃の機能を高める作用から、食欲不振、元気不足、疲労などの改善に効果的。血を補って巡らせ、特に目のかすみやドライアイなど目の不調に効果があります。
また、腎を補う作用からアンチエイジングや子どもの健康維持にも適しています。

これから、暑い日が多くなってくる季節。
いつものお寿司に、変わりネタの、さっぱりとした、いちごのお寿司もありではないでしょうか?
キッズにもオススメです。
良かったら、ぜひお試しください。

では、今回も最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。

「手まり寿司」すし飯と丸め方コツは?変わり種(黒米)もご紹介!

手まり寿司「はかり」

こんにちは。

KANAパンの「薬膳おうちCafe」です。

お祝いパーティーや、おもてなしにピッタリの「手まり寿司」

丸めるだけで簡単なようにみえて

でも、実際に作ってみると…

すし飯の味がいまいちだったり、いざ丸めてみたら、形や大きさがバラバラで見栄えがちょっと…なんて経験ありませんか?

「手まり寿司を作るコツは、「すし飯」と「型」にあり♪」

今回は、100均一の「型」を使って、黒米入りすし飯の手まり寿司を作ります。

今回のポイント
・てまり寿司の酢飯(すし飯)は、ネタの味を引き立たせるために、砂糖の量は少なめ、甘さ控えめにする。
・100均一の「型」を使って、酢飯(すし飯)の大きさや形を均等にそろえる。
・酢の効果で鮮やかなピンク色になる「黒米入り酢飯(すし飯)」はオススメ。

黒米入り酢飯(すし飯)で、色合いも華やかで楽しい「手まり寿司」に…♪

ぜひ、おもてなしやパーティーでは、変わりネタとしても、取り入れてみてください。

手まり寿司に「黒米入りすし飯」・その作り方とコツは?

まり寿司を失敗なしで作るポイントは、

1、すし飯の甘さを控えめにする。
2、「型」を使って大きさ、形を均等にそろえる。

では、まず、「黒米入り酢飯(すし飯)」から作っていきます♪
昔から「寿司の美味さはシャリが6割!」とも言われるくらい、すし飯(酢飯)って大切です。
今回の手まり寿司では、ネタの味を引き立たせたいので、甘さを控えめにします。
(色々な具を巻き込む手巻き寿司やいなり寿司の場合は、甘さしっかりめにするといいよ。)

黒米入り酢飯(すし飯)の作り方

材料3合分)
・米 3合
・黒米 大さじ2
・昆布 3センチ
・酒 大さじ3

合わせ酢
・米酢 大さじ6
・砂糖 大さじ1と1/2
・塩 小さじ1と1/2

STEP1
<米を洗う>
最近のお米って、精米技術が発達したおかげで、研ぐ必要はなく、軽く洗うだけで充分なんですよね♪

①分量の米に水を入れて軽く混ぜたら、手早く水を捨てる。
②あと2,3回、水を入れて10秒くらい「大きくかき混ぜ→水を捨てる」を繰り返す。
③炊飯ジャーの「すし飯コース」で、米の分量に応じて目盛りまで水を入れる。
(もし、「すし飯コース」がない場合は、普段の炊飯時より水加減は控えめにしてね。)
④黒米を入れ、軽くかき混ぜる。
⑤酒大さじ3を入れ、軽くかき混ぜ、上に昆布をのせる。
⑥炊飯スタート♪

STEP2
<合わせ酢作り>
・米酢
・砂糖
・塩
をボウルに入れ、しっかり混ぜ合わせる。(加熱する必要はありません。)
合わせ酢作りのポイント
手まり寿司のときはネタの味を引き立たせたいので、砂糖の量を控えめ、さっぱりと
(色々な具を巻き込む手巻き寿司やいなり寿司は、甘めにするといいよ♪)

STEP3
★炊きあがったら時間をおかずに、酢飯(すし飯)を作っていきましょう♪

①ご飯が炊きあがったら、まず、大きめのボウルにご飯を入れ、合わせ酢を加えます。
酢飯(すし飯)作りのポイント
この時、合わせ酢は、全て入れずに、少し残しておきます
後から少しずつ調節しながら、好みの味にしていきましょう♪

②軽く混ぜ合わせたら、寿司桶にうつして、うちわなどで仰いで水分を飛ばしながら、しゃもじで切るようにして酢をなじませるように混ぜていくと
だんだんと、ご飯にツヤツヤ照りがでてきます。

(扇風機があれば、さらにGOOD♪)
③残った合わせ酢を、少しずつ加えながら、好みの味になるように調節します。

完成~!!

※完成した酢飯(すし飯)は、常温で、乾燥しないように、ぬれ布巾をかけておきます

「手まり寿司」の型を使った丸め方とそのポイントは?

手まり寿司型

「型」は、100均一のもので充分。
今回使用するのは、この「型」♪

これって、ちっちゃな子ども向けじゃないの??
と思われる方も、是非お試しあれ。かなり、スグレモノなのです。

誰が作っても…

同じ形♪ 同じ大きさ♪
それでもって、すし飯はふんわり~
で、
ご飯の一粒一粒がつぶれないのが魅力♪

使い方は、いたって簡単!
型にすし飯をふんわり入れて、振るだけの作業です♪

★ポイントは強めに振ること。

子どもと一緒に作りたいときにはもちろん、おもてなしやパーティー用に作るときにも、重宝します。

は、いよいよ、型を使って丸めていきます。今回は娘にお手伝いしてもらいました♪)

手まり寿司型使い方

型の中に、ふんわりとすし飯を入れて、蓋をして、振るだけの単純作業…。

手まり寿司丸めた寿司たち

息子もやってきて、
「何してんの??」
と興味ありげ♪

一緒にお手伝いに参加。
ここぞとばかりにブンブン振ったら、かえってほどよい固さになった♪

ただただ、簡単すぎで、遊んでるみたい。
でも、このひと手間で、すし飯の形や大きさがばっちり決まるんだよね。
誰がやっても失敗なし♪

※3合で25~30個、大きさ5センチの手まり寿司ができます。

①お好みの具を準備します。
②丸めたすし飯がすっぽり入るくらいの大きさのお皿を準備。

③お皿の上にラップを敷き、ネタを置きます。
手まり寿司具包み方
これは、な、なんとイチゴだ!!
デザート寿司!?
これが、意外に美味しくてはまる味♪薬膳的にもばっちりなのです♪

④具の上に丸めたすし飯をポンとのせて…
手まり寿司包み方ご飯

⑤ラップをきゅっと絞って、茶巾にしていきます。
(ここ大事♪優しく、丁寧に…)
てまり寿司丸めかた

⑥ラップをはずしたら、はい、完成ですよ~♪

手まり寿司(いちご)

今回は、いちごの他にも、サーモンイカ薄焼き卵の手まり寿司を作りました♪

 

イカの上には菊花をのせて…
手まり寿司いか

薄焼き玉子は、卵液に水溶き片栗粉を少々加えて焼けば、上手くいく♪
手まり寿司玉子

サーモンの上には、パセリのみじん切り。
パセリも生だといっそう、香りがいいね♪

黒米入り酢飯(すし飯)の「手まり寿司」。
おもてなしやパーティーでも作ってみよ~っと♪

「手まり寿司」型がない場合に、上手く丸める方法は?

手まり寿司「はかり」

★もしも、型がない場合は、酢飯(すし飯)を約30グラムずつで、スケールを使って量っておくとよいです。
①酢飯(すし飯)を30グラムずつはかり、必要個数分を作って分けておく。
②ラップを必要個数分準備し、いちご⇒すし飯の順にのせて、茶巾にする。
完成!!

※他にも、ココット皿やお椀にすし飯を入れておおよその目分量ではかって作るというのもオススメです。

黒米は、薬膳では腎を強化してくれる食材とされています。
白米より栄養価もアップ♪

血行をよくし、エイジングケアに特にオススメです。

百均一(ダイソー)の型を使って、誰でも失敗なしの簡単!手まり寿司

黒米入りの酢飯(すし飯)で見た目も栄養価もアップ。
ぜひ、パーティーやおもてなしの際には変わりネタとしても

作ってみてください♪

どうぞ、皆さん

STAY HOME♣ STAY SAFE♣ STAY HEALTHY…

では、今回も、最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。