簡単時短のカジュアル薬膳レシピ『生しょうがの無添加ジンジャーエール』

西瓜&ジンジャーエール

こんにちは♪
連日、暑い日が続いていますね。
いかがお過ごしですか?
KANAパンの「おうち薬膳Cafe」です。

暑さに負けずに、日々、元気に過ごしたい…。
そんなときにオススメしたいのが、生姜です。
ポイントは生の生姜を使うこと。
生姜は、体を温めるのに適した食材なのですが、それだけではなく、生の生姜に多く含まれる「ジンゲロール」には、血行促進、体にこもった熱を発散させ、クールダウンさせることができるんです。

そこで、今回は、火を使わずに、思い立ったときすぐ作れる簡単で本格!「無添加ジンジャーエール」と、
西瓜✖ジンジャーエールのアレンジレシピをご紹介します。
これで、暑さを吹き飛ばしちゃお!
生姜が苦手なキッズでもおいしく飲めますよ(^^)

名脇役!?のミントやレモンも、ただの飾りではない!?
実は、体を冷やす効能があるので、お好みでたっぷり入れてくださいね。

生しょうがの無添加ジンジャーエール作り方

ジンジャーエール
ジンジャーエール

生しょうがの無添加ジンジャーエール 所要時間5分

材料 (1人分)
・生姜 約1/2ケ
(すりおろした絞り汁大さじ1弱を使います。)

・はちみつ 大さじ1~2
・炭酸水 適量
スパイス
・カルダモン(パウダー)お好みで適量 
クローブ 少々
・シナモン 少々

・レモン 輪切り1枚
・ミントの葉 適量

🍚作り方
しょうがは、よく洗い、皮付きのまますりおろし、絞ります。
②小さめのボウルに、絞ったしょうが汁はちみつスパイスを入れて、よく混ぜ合わせてシロップ状にします。
③グラスに、②のシロップ⇒氷の順に入れ、炭酸水をゆっくりと注ぎます。
レモンスライスミントの葉をお好みで入れたら…
完成です!!

ジンジャーエールアレンジレシピ(西瓜✖ジンジャーエール)

さらに、体の熱を冷ましたいときには、寒性の西瓜✖生の生姜の組み合わせがオススメです。

西瓜入り無添加ジンジャーエール 所要時間10分
西瓜&ジンジャーエール

材料 (1人分)
・西瓜(すいか) 適量

・ジンジャーエール 適量

🍚作り方
① 西瓜をスプーンで丸くくり抜きます。
② グラスに、氷⇒西瓜⇒の順に入れます。
③ ②にジンジャーエールを静かに注いだら…
完成!
西瓜&ジンジャーエール
珀色のジンジャーエールにコロンとした赤い西瓜は、薬膳的にピッタリの組み合わせ。
熱中症や暑気あたりなど、血液循環が悪くて、顔がほてったり、頭がすっきりしない時など…、体にこもった熱を発散、冷まさせ、喉の渇きもとれます。

生の生姜の効能とは?国立シンガポール植物園でショウガ体験!

姜には様々な効能がありますが、生の生姜に多く含まれる辛味成分「ジンゲロール」には、体にこもった熱を発散させる作用があって、クールダウンにつながります。
また、他にも、解毒効果、胃の調子を整え、食欲増進効果があります。

年、シンガポールを旅行した時、年中、高温多湿な気候のこの国で、生姜が身近に使われていることに驚きました。
街のあちこちでは、観賞用の生姜が植えられていて、その花を見ることができます。

街に植えられている生姜と小鳥
街のあちこちで見られる生姜の花

生姜って、実は、熱帯アジアが原産。
国立シンガポール植物園には、生姜に特化した「ジンジャーガーデン」という庭園があり、生姜の花が見事でした。

ジンジャーガーデン
ジンジャーガーデン

園内にあるカフェで、ティーを注文したら、生の生姜とおろし金がついてきて、お好みでおろしショウガを入れて飲むことができます。
ティー新鮮な生姜の香りと、適度な辛味の効果で、体も気分も、かなりスッキリ!

日本でも、生姜を薬味に使ったり、冬、冷え対策には使ったりしますが、夏の暑さ対策に使うことって、あまり知られていないようです。
ポイントは、生の生姜を使うこと♪

後、まだまだ、暑さはしばらく続きそうですね。
生姜とスパイスでコトコト煮て作る、ジンジャーシロップもいいですが、暑い日は、ぜひ、生の生姜を使った、簡単で美味しいジンジャーエールをもっと気軽に…♪
皆さんもどうぞお試しくださいm(_ _)m

では、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

リフレッシュにおすすめ!さっぱりヘルシー(炭酸なし)ドリンク!

ジャスミンティーアレンジ(アップル)

こんにちは♪
KANAパンの「おうち薬膳Cafe」です。
毎回、薬膳をとりいれた、ヘルシーで美味しいレシピを、自由な発想で提案しています。
身近な食材を使って、美味しくヘルシーに…♪
そんな情報を皆さんと沢山シェアすることができたら嬉しく思います(^^)。

暑い暑い、暑い~~^^;
連日のこの暑さ、体に堪えますね。
皆さ~ん、暑さ対策や熱中症対策、万全ですか?
こまめな水分補給が不可欠。
お茶でもない…、ジュースでもない…、炭酸ドリンクもいいけど、他にリフレッシュできる飲み物は…??
ジャスミンティーフルーツジュースを組み合わせた、さっぱり爽やかなドリンクはいかが!?

こまめに水分補給しつつ、同時に気分も体もリフレッシュして、連日続いている、うだるような暑さを元気に乗りきっていきましょう♪

ジャスミンティーアレンジ(グレープフルーツ)作り方

ジャスミンアレンジ(グレープフルーツ)

ジャスミンティーアレンジ(グレープフルーツ)
ジャスミンティーアレンジ(グレープフルーツ)

ジャスミンティーアレンジ(グレープフルーツ)

<材料> 
・100%グレープフルーツジュース(今回はピンクグレープフルーツ使用)150cc
・ジャスミンティー 50cc
・ミントの葉 適量
・白きくらげ甘煮 適量
・ハチミツ(ガムシロップでもよい)適量
・生姜シロップ(生姜の絞り汁でもよい)少々

<下準備>

・ジャスミンティーを濃い目に作っておきます。

🍚作り方
①グラスにを入れる。
②まず、はちみつやガムシロップを入れ、ピンクグレープフルーツジュースを注ぎます。
次に、その上にゆっくりとジャスミンティーを注ぎ、2層になるようグラデーションを作る
③お好みで、直前に、生姜シロップをれて、体を冷やしすぎないようにします。
仕上げに、白きくらげ甘煮ミントをのせて…
完成!!

ジャスミンティーアレンジ(アップル)作り方

ジャスミンティーアレンジ(アップル)
ジャスミンティーアレンジ(アップル)

ジャスミンティーアレンジ(アップル)

<材料>
・100%りんごジュース
150cc
・ジャスミンティー 50cc
・ミントの葉 
適量

・白きくらげ 適量
・ブルーベリー 適量
・ハチミツ(ガムシロップでもよい) 適量

・生姜シロップ(生姜の絞り汁でもよい) 適量

🍚作り方
①グラス半分にを入れて、はちみつを適量入れます。
そして、アップルジュースを注ぎます。
②次に、ジャスミンティーをゆっくりと注いで、グラデーションを作ります。
ブルーベリー・ミントの葉を飾って…
完成です。
飲む直前に、お好みで生姜シロップを加えます。
※生姜シロップの作り方は別記事に載せています。
よかったらご参考にしてください(^^)

「白きくらげの甘煮」作り方は?

白きくらげ甘煮
白きくらげ甘煮

きくらげは、薬膳食材というイメージが強いかもしれませんが、煮物や酢の物、デザート、どんな料理とも合いやすいので、ストックしてあると便利です。
価格は一袋200円~300円。
大型スーパーの中華食材コーナーなどで売られています。

乾物だから、日持ちします。(水につけると4~5倍になるよ(^^))

白きくらげ
白きくらげ


ころで、白きくらげの甘煮ってどんなもの??と思われた方もいるかもしれません
作り置きして、色々なデザートにトッピングしたり…と、色々に使えます。(冷蔵庫保存で10日ほど保ちます。)
味にくせがないから、そのまま小腹がすいた時にパクっと食べるのはもちろん、飲み物に入れたり、ヨーグルトなどのデザートに入れても美味しいです。
レシピもご紹介します。作ってみてね(^^)

白きくらげの甘煮

白きくらげ10グラム
白きくらげ10グラム

・白きくらげ 10グラム
・ハチミツ(砂糖でもよい)30グラム
・水         500cc
・レモンスライス   2、3枚
・枸杞(くこ) 適量

🍚作り方
①白きくらげは軽く洗って、水で戻して適当な大きさにちぎっておく。
②鍋に水を入れ、沸騰したら①を入れ、はちみつを加えて、約5分煮る。
粗熱がとれたら、保存容器に入れ、レモンスライスを入れる。
※枸杞は、シロップが茶色く変色しやすいので、盛り付けのときに、仕上げに入れます。

白きくらげは、もともとはコリコリとした食感ですが、ことこと煮込むとトロトロになり、それもまた美味しくて、オススメです。よ~く冷やして、クコの実などをトッピングしたら、薬膳デザートの完成です。

白きくらげ甘煮

白きくらげは梨とも相性ばっちり♪

白きくらげと梨の甘煮
白きくらげと梨の甘煮

冷蔵庫保存で1週間保ちます。
ただ、梨は変色しやすく、味には問題ないですが、作ってから2,3日以内食べきるとよいです(^^)

レープフルーツやオレンジのさわやかな香りは、気分も体もリフレッシュさせてくれますね。
体内の気の巡りをよくし、食欲増進、胃の働きを調節する働きがあります。
食欲がない時には、食事の前にオレンジジュースを飲むと気の巡りが活発になり、胃腸がスッキリしますよ(^^)
体に優しくヘルシーなジャスミンと柑橘の天然アロマで、リフレッシュしませんか?

どうぞ、皆さん、
STAY HOME…♣ STAY SAFE…♣ STAY HEALTHY…♣

では、今回も最後までお読みくださりありがとうございましたm(_ _)m