「自由研究テーマ」料理で楽しく実験!簡単でおすすめのアイデアとまとめ方は!?

こんにちは♪
皆さん、楽しい夏休みをすごしていますか?

夏休みといえば、「自由研究」。
毎年、どんなテーマにしようかと頭を悩ませる子も少なくないと思います。
そこで、
楽しく料理して実験して、さいごにみんなで乾杯しよう!
母の炭酸ジュース」
をご紹介します。

皆さんがよく食べている「パン」
ふんわり、香りもよくって、とっても美味しいですね。

このパンがなぜ膨らむのか、知っていますか?

パン作りに欠かせない材料の一つに、酵母があります。

この酵母の働きのおかげで、美味しく、ふっくらとした香りのよいパンができあがるわけです。

でも実は、酵母の力はそれだけではありません。

皆さんの大好きな飲み物「炭酸ジュース」。酵母の働きを利用して作ることができるんですよ。

では、実際に、炭酸ジュースを作ってみましょう。
※必ず、おうちの方と一緒に作ってくださいね。

また、最後に、今回の自由研究「酵母の力で炭酸ジュース作り」の書き方とまとめ方もあるので参考にしてみてください。



酵母の力で炭酸ジュース作り

炭酸ジュースの作り方
(できあがり半日~翌日)

酵母炭酸ジュース

<ひつような材料>
・果汁100%のフルーツジュース

(りんご・ぶどう・パイナップルがおすすめです。)400cc
・パン酵母(ドライイースト) 2グラム

<ひつような道具>
・500ccのペットボトルもしくは、フタ付きの容器

<作り方>
①容器に、果汁100%のフルーツジュースを入れる。
②その中に、少量の水でとかしたドライイーストを加える。
③ペットボトルのフタをしっかりとしめて軽くふり、ジュースと
なじませる。
フタをゆるめにしめて、あたたかいところにおいておく

炭酸ジュース材料
炭酸ジュース材料

☆これで、準備は完了です。

どのように変化していくのかな。
よーく観察してみてね。

~数時間後~

なんだか、ジュースの色が変わってきましたよ。

炭酸ジュースにごる

そして…、
ジュースの上の方がぶくぶく泡だってきましたね。

 

酵母炭酸ジュース

フタを少しゆるめてみよう。
シュワッとしたかな??

この泡は、ドライイーストがジュースの糖分を使って、炭酸ガスを作っているからです

発酵がすすみ、フタをゆるめてみて、じゅうぶんな炭酸ガスが出るようになったら、炭酸ジュースの完成です。

気温により、変化(発酵)の度合いや進み具合が変わります。温かい方が、よく発酵します。
フタはゆるめに、かるくしめるくらいにしましょう。(発酵が進みすぎ、破裂する危険を防ぐため。)
※じゅうぶんに発酵したジュースは、それ以上の発酵を防ぐため、冷蔵庫に入れて早めに飲みましょう。

※なかなか発酵しない場合、砂糖を大さじ1(15グラム)入れると、発酵しやすくなります。
オレンジジュースやスポーツドリンクでもできますが、他のジュースに比べて発酵に時間がかかります。砂糖を入れるとよいでしょう。

は、じっさいに、完成した炭酸ジュースを飲んでみましょう♪

美味しい、炭酸ジュースになりましたか?

ご紹介したジュースの他にも、色々なジュースで試してみるのもいいですね。

このように、ンを膨らませたり、ジュースを炭酸ジュースに変えてしまったり…「酵母」のちからって、すごいですよね。

酵母には、糖を使って、アルコールと炭酸ガスをつくるという性質があります。
これを酵母のアルコール発酵といいます。

自由研究の書き方・まとめ方

は、今回の炭酸ジュース作りの様子を、1枚の紙にまとめてみましょう。

どんなことを書けばよいのか、イメージがなかなか、わかないこともあるかもしれません。
そんな時は、こちらを参考にしてみてね。

例をあげてみると…

☆観察の様子と記録を時間の経過とともにくわしく書いてみよう。
(写真や絵なども使って、視覚的にもわかりやすくすることがポイント。)
☆酵母の性質や歴史について、図書館やインターネットなどで調べて書いてみよう。
☆酵母の働きを使った食べ物は、他にはどんなものがあるかな?くわしく調べてみよう。

 

年の夏休みは、新型コロナウイルスの影響で、例年より短い休みとなってしまいましたが、皆さん、計画どおりに進んでいますか?
宿題の方も順調に進んでいるかな?
早寝早起きなどの規則正しい生活と体調管理はしっかりして、楽しく充実した夏休みを過ごしてくださいね。

では、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です