「簡単・作り置き」紫キャベツとセロリのマリネの作り方と栄養価や効能も!

こんにちは♪
KANAパンの「おうち薬膳カフェ」です。

鮮やかな紫色が、料理を明るく、華やかにしてくれる紫キャベツ。
今回は、メインディッシュの横に添えるだけでおしゃれなカフェ風ご飯に大変身♪
紫キャベツとセロリのマリネ」をご紹介します。

今回のポイント
・紫キャベツは、普通のキャベツより見た目も栄養価もアップ↑
・紫色の色素「アントシアニン」は水に溶け出しやすい性質があるから、それを防ぐため、加熱調理よりも生食がベター。
また、酸性の酢を入れると鮮やかなピンク色に変わることから、その性質を生かすこと。
セロリは体内の余分な熱を冷ます「涼性」食材。また、その香りは滞った気を巡らせ、気持ちを落ち着かせてくれる。

紫キャベツとセロリのマリネ
所要時間20分)
<材料>
・紫キャベツ 1/4カット
・セロリ   1/2本
<調味料>
・酢(今回は米酢)小さじ1
・塩    小さじ1/2
・レモン汁 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ2
・はちみつ 小さじ1

・ケイパー 5粒

☆まずは下準備から♪
・紫キャベツを細切りにし、塩と酢を加え、15分程置き、しんなりしたら水気をしっかりと絞る。
(紫キャベツのシャキシャキ感をだすため、切り方は、やや太めの細切りにします。)
・セロリを斜め薄切りにする。
・ケイパーを細かく刻む。

<作り方>
① 細切りにして、塩もみして水気を絞った紫キャベツと、セロリ、すべての調味料、ケイパーを加えて和える。
完成!!

紫キャベツとセロリのマリネ
紫キャベツとセロリのマリネ


作り置きできます。(冷蔵庫保存で4,5日もちます)

作り置きサラダとして、ワインのおつまみに…、メインディッシュに添え用にはもちろん、お弁当のおかずに…、サンドイッチにはさんでも、美味しいです(^^)



キャベツとセロリの特性と効能は?

は、暑さと湿度で体のなかにも熱や湿気がこもりやすく、巡りや代謝が滞り、胃腸の働きも弱まってしまいがちです。
そんな時は、胃腸の働きを整える食材や水の代謝を促す食材を摂りましょう。
キャベツ」と「セロリ」はどちらも胃腸を元気にし、また、体内の余分な水分を取り除く性質があります。
また、セロリは「涼性」の性質をもっています。体にこもった熱を鎮めて、滞った気を巡らせることから、ストレスを感じている時などにも適した食材です。

紫キャベツは普通のキャベツと比較しても栄養価が高く、ビタミンAや鉄分も豊富です。紫色は「アントシアニン」の色素からきています。
高い抗酸化作用があって、生活習慣病の予防にも効果があることで知られています。

ただ、インスタ映えするだけではなかった…紫キャベツの人気は、これから、ますます高まっていきそうですね。
いつものキャベツをちょっと、紫キャベツに変えてみるだけで、お料理の幅がぐんと広がります。

皆さん、是非、お試しください♪

では、今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です