【春おうちカフェ】鶏肉とパプリカのトマト煮込み

こんにちは🎵
カジュアル薬膳スタイルの『KANAパン🍚おうち薬膳Cafe』です。
和洋中問わず、自由な発想で考えたシンプル&ヘルシーな、カジュアル薬膳スタイルレシピをご紹介しています。

三寒四温で、ポカポカ春らしい陽気の日もあれば、冬並みに寒い日もあったり…で、本格的な春まで、あと少しというところですね🌸
今回は、「鶏肉」「パプリカ」を組み合わせました🍚。
「鶏肉とパプリカのトマト煮込み🍅」です。
環境の変化が著しい春は、感情も不安定になりやすく、ストレスがたまりがち💦
そうなると、「肝」の働きが弱まり、頭痛や生理不順といった症状を引き起こします。
「鶏肉とパプリカのトマト煮込み🍅」は、トマトで「肝」を強化して、鶏肉で気血を補い、パプリカで気を巡らせるイメージです。
良かったら、お試しください😊✨

♯春食材🌸♯パプリカ
♯カジュアル薬膳スタイル🍚
♯おうち薬膳カフェ春☕



鶏肉とパプリカのトマト煮込みの作り方

🔸材料(2人分)

鶏肉とパプリカのトマト煮込み材料

・鶏もも肉…1枚
・パプリカ(今回は赤色)…1ケ
・玉ねぎ…1/2ケ
・人参…1/2本
・パセリ…適量
・オリーブオイル(焼く時用)…適量

🔸調味料
・トマト缶…1/2缶
・水…トマト缶と同量

・砂糖…小さじ1
・塩…小さじ2
・こしょう…少々
・クミン…少々
・コリアンダー…少々
・ココナッツミルク…大さじ1

🔸仕上げ用
・パセリ…適量
・粉チーズ…適量
・ゆで卵…1ケ

🔸まずは下準備から🎶
・鶏もも肉とパプリカを大きめの一口サイズにカットする。
・玉ねぎは、縦に半分に切ってから、横にし、5ミリ幅にカット。
・人参はを、小さめの乱切りにカットする。
・パセリをみじん切りにする。

🔸作り方🍚
① フライパンに、多めの油をしき、鶏もも肉を焼いて、表面にこんがりと焼色をつけます。
(中まで火が通っていなくてもよいです。)
②焼色がついたら、いったん、取り出しておきます。
③フライパンに残っている余分な油を、クッキングペーパーで拭き取り、新たにオリーブオイルをしき、玉ねぎ→人参→パプリカの順に野菜を入れて炒めます。
④油がまわったら、トマト缶・水を入れて、フタをし、少し開けた状態で15分中火で煮ます。
⑤野菜が柔らかくなったら、、鶏肉・調味料すべてを加え、さらに7~8分煮ます。
ほどよく、水分がとび、とろみがついてきたら火を止めます。
お皿に盛り付け、仕上げ用粉チーズとパセリのみじん切り、ゆで卵をのせて…
完成です😊✨

鶏肉とパプリカのトマト煮込み

パプリカの効能と性質は❓

プリカは、ピーマンと同じナス科の野菜です。
薬膳では、ピーマンと同じ作用をもつと考えられています。
・五味…微辛
・五性…
・帰経…
・体質…気滞・湿熱・瘀血・湿痰

ピーマン(パプリカ)には、滞った気の流れを活発にし、肝の働きを正常にする作用があります。
気の滞りが引き起こすストレス性の症状の改善によいです。
「瘀血」(血の流れが悪くなって状態)体質の改善に効果があるので、血の巡りも活発になり、血行不良の改善にもよいです。
(参照:「いつもの食材効能&レシピ帳」より)

の開花予想が発表され、今年のソメイヨシノの開花は、全国的にかなり早くなりそうですね。

桜の開花多くのところで平年より10日前後早く開花し、15日以上早まるところもある見込み。記録的な早さとなるところもあるでしょう。

(日本気象協会ホームページより)

3月は卒業シーズン🌸🌸🌸

コロナ渦の影響を受け、今年も、規模を縮小して卒業式が行われています。
形は変わっても、人の思いは変わりません✨
私が、ある先生に教わった言葉ですが、
こうおっしゃってくださいました。
「お友達や先生と離れ離れになってもね、あなたが忘れず、あなたの心の中にいるかぎり、ずーっとあなたのお友達・先生です。」
この言葉が、すごく、響きました✨

この春、ご卒園・ご卒業の皆さん、本当におめでとうございます✨✨
そして、これからの新しい門出が、また素晴らしきものとなりますように、心から応援しています😊✨

ここで、頭を切り替えてっと…💧

KANAパンはまだまだ終わりませんよ💦
これからも続いていきますので、見てくださいね!!
応援してくださっている方、いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

周りの方々のおかげで、サイトの不具合もようやく直ってきました🙌感謝です✨
これから、よりよいサイトを目指して頑張っていきます✨
今後とも、よろしくお願い致します😃

では引き続き、
STAY HOME…☘、STAY SAFE…☘、STAY HEALTHY…☘

今回も最後までお読みくださりありがとうございました🌈