簡単!らっきょう甘酢漬け(ジップロック使用)で保存の仕方は?

ジップロックでらっきょう甘酢漬け季節の手仕事
らっきょう1キロ分でジップロックコンテナ2段になりました。冷蔵庫内でスペースをさほどとりません。

こんにちは♪

KANAパン🍚おうち薬膳Cafe🏡です。

梅雨シーズン☔

ジメジメ蒸し暑く、おまけに、外はどんより曇り空。

でも、気分は、晴れやかに、気持ちよく毎日を過ごしたいものですね。

梅雨シーズンを無理なく、快適に過ごすには、どうしたらよいでしょうか?

それは、この時期、私たちの体に負担をかける「湿邪」に負けない体。

つまり、巡りをよくし、水はけのよい体、また、胃腸を元気に保ことです

そこで、オススメしたい食材が「らっきょう」です。

毎日、少量ずつ食べることで、体の水はけや、気の巡りがよくなって、胃腸も元気♪

今回は、簡単にジップロック(コンテナタイプ)を使って、そのまま冷蔵庫保存ができる!美味しい「らっきょうの甘酢漬け」をご紹介します。

この、らっきょう漬けの最大の魅力は、冷蔵庫保存OK、冷蔵庫内でスペースをとらない✨ところ。幾つかに分けて、積んでおけば、すっきりと収まります。重たい果実酒用の瓶をよいしょと出すこともなくなって嬉しい~✨

また、ジップロック(袋タイプ)と比較して、保存の際に安定感があるから、液だれの心配がありません✨

それに、何より、大きな果実酒用の瓶で保存するよりも、消毒の手間が省けて、衛生的✨です。

今回のポイント

①梅雨シーズン、毎日少量ずつのらっきょうで、湿邪に負けない体づくり!
②ジップロックのコンテナタイプを使って、簡単手軽!「らっきょうの甘酢漬け」を作ろう!

良かったら、お試しください。

 

♯らっきょう漬け ♯らっきょう甘酢漬け ♯ジップロックでらっきょう漬け

簡単!らっきょう甘酢漬け(ジップロックコンテナタイプ使用)の作り方

らっきょう甘酢漬け

🔶材料  
 ・洗いらっきょう 1キロ
 ・市販のらっきょう酢…1袋 
 ・赤唐辛子(お好みで)2、3本
🔶使用する容器…ジップロック(コンテナタイプ)
正方形700mlサイズなら4ケ、
正方形1100mlサイズなら2ケ。
今回、使用したのは、1100mlサイズ2ケです。)

🔶作り方

①洗いらっきょうを、大きめのボウルに入れて水でよく洗い、ざるにあげ、ひとつかみくらいの塩をふって全体になじませ、そのまま1時間くらい置いておく。


②さっと水洗いをして塩を流し、ザルにあげておく。


③鍋にたっぷりのお湯を沸かして、沸騰したら、らっきょうを10秒くらい入れて、一気にあげ、水切りして冷ます。


④ジップロック(コンテナ)に、らっきょうとらっきょうが全部浸かるくらいのラッキョウ酢、お好みで赤唐辛子(中の種をとったもの)を入れたら、完成。


 

漬けてから10日ほどで浅漬け程度になり、食べられます。

1ヶ月経った頃からよく漬かり、さらに美味しくなります。

 

薬膳memo📋 らっきょう

らっきょうは「温性」の食材です。体を温め、滞った気血の巡りをよくする作用があります。

体の冷えや、冷えからくる腹痛、むくみ全般の症状に効果的です。

酢漬けは、特に温める作用が強いので、毎日、少量ずつを食べましょう。

 

分で漬けたらっきょうは、ほんとにおいしいですね。

冷房などで体が冷えてしまった時など、少量食べると、お腹も温まります。また、冬、冷え性の方にもオススメです。気の流れがよくなるから、梅雨シーズン、湿気で気分が滅入っている時や、ストレスやデスクワークで肩がこるなんて時にもいいですよ。

食欲がない時、すっきり起きられなかった朝には、お粥にらっきょうの甘酢漬けを細かく刻んで入れて食べます。

これが、意外と合う♪

気分もスッキリ、シャッキリしてきて、気持ちよく1日のスタートをきることができそうです。

ジップロック(コンテナタイプ)を使った、らっきょうの甘酢漬け。

保存は冷蔵庫でOK、冷蔵庫内で場所をとらず、消毒不要で衛生的✨

おうち時間に、良かったらお試しください。

 

それでは、皆さん、

STAY HOME…🍀, STAY SAFE…🍀,  STAY HEALTHY…🍀,

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

素敵な一日をお過ごしください🌈