マートル

こんにちは。

KANAパンの「おうち薬膳カフェ🍚」へようこそ✨

『おいしくてヘルシー!身近な食材を使った簡単時短レシピ集』をシェアして、

「カジュアル薬膳スタイル」で無理なく栄養管理をして、体質改善を目指しましょう!!

ところで、

『カジュアル薬膳スタイル』って、何❓どうやるの❓❓

そんな方は、まず、初めに、How to…『カジュアル薬膳スタイル』を読んでみてくださいね。

How to…『カジュアル薬膳スタイル🍚』

 

 まず、自分や家族の健康状態をチェックしましょう。
季節は❓暑い?寒い?その日の体調は❓

② どんな効能を求めたいか、方向性を決めましょう。

(例:花粉症の症状を軽くしたい、冷えを改善したい、肌の調子をよくしたいなど…。)

 季節の食材から、②で決めた、目的の性質をもつメイン食材(野菜・肉・魚など)を決めましょう。

 メインの食材と組み合わせるサブ食材を決めましょう。
五味・五性・五色をバランスよく取り入れてね。

 調理法(焼く・煮る・蒸すなど…)を決めましょう。

 

ざっと、こんな流れで、メニューを考えてみましょう。

完璧に…なんていかなくても大丈夫。

食材の性質や効能を意識し、バランスよく取り入れることを心がけてみてくださいね。

『カジュアル薬膳スタイル』は、和洋中…どんな料理にもとり入れることができるから、自然と、毎日の食事を建設的に捉えることができるようになります。

私たちが普段食べている身近な食材。それらには、それぞれ、体を温めたり冷やしたり…緩めたり引き締めたり…と、全てに異なった性質・効能があるということ。

子供と大人では、必要な栄養は違います。

「薬食同源」「予防医学」

薬膳の根底にある考え方です。

季節や気候、体質、体調などに合わせて必要なメイン食材を決め、そのメイン食材と相性のよい他の食材を組み合わせ、必要な量だけ使う。

そうすることで、自分や家族に最適な、オーダーメイドのメニュー作りができるようになって、自然と、無駄なく食材を使うようになるから、食品ロスも減ってきます。

そして、続けていくうちに、普段の食事で、無理なく、体質改善が自然とできていきます。

そんな「カジュアル薬膳スタイル」。

和洋中…、どんな料理にも取り入れることのできる「カジュアル薬膳スタイル」。

皆さんも、おうちごはんに、とり入れてみませんか❓

~レシピをシェアしませんか🍚?~

ご質問、ご感想を、心よりお待ちしています。

「KANAパン🍚」をどうぞ、よろしくお願い致します✨