【カジュアル薬膳・夏~秋】茄子を使った洋風レシピ「焼き茄子ハンバーグ」

こんにちは🎵

カジュアル薬膳スタイルKANAパン🍚』おうち薬膳Cafeです。
和洋中問わず、自由な発想で考えたシンプル&ヘルシーな、カジュアル薬膳スタイルレシピをご紹介しています

今回は、茄子(ナス)を使った洋風レシピ「焼き茄子ハンバーグ🍆」✨です。
茄子(ナス)×ハンバーグの組み合わせ。
焼き茄子の自然な甘さが、ハンバーグと意外にもぴったり。

ソースは醤油ベースの和風にしました。

茄子の苦手な方やお子様でも美味しく食べられます。

茄子は「涼性」食材。余分な熱や湿を取り除き、また、気血の滞りを改善する効果もあります。

胃もたれせずに、さっぱり食べられちゃう「焼き茄子ハンバーグ🍆」。

食材のチカラで、夏の疲れを吹き飛ばして、気力体力も充実!

「焼き茄子ハンバーグ」。

良かったらお試しください✨



茄子を使った洋風レシピ「焼き茄子ハンバーグ」の作り方

焼き茄子ハンバーグ🍆

材料(2~4人分)

長なす(焼きなすハンバーグ用)
今回は、長なすを使いました。

・なす(どんな茄子でもOK)…2本
・合い挽き肉…400グラム
・玉ねぎ…1/2ケ
・オートミール…適量
・卵…1ケ

🔸スパイス
・カルダモン(ホール)…1粒
・クローブ(ホール)…1粒

・ナツメグ(パウダー)…適量
・塩…適量
・胡椒…適量

🔸ソース
・醤油…20ml
・みりん…同量
・バター…適量

🔸下準備をしましょう

焼きなすを作る🍆
①なすに、フォークで刺して、何か所か穴をあけ、へたの際をくるりと包丁で切り込みをいれておく。
②グリルで20分中火で焼く。(途中、ひっくり返すと、むらなく焼けます。)
③ボウルに冷たい水を入れておき、茄子が焼き上がったら、すぐに入れる。
すぐに水からとりだし、トングなどを使って皮をむく。
焼きなすの完成です✨ これを冷蔵庫に入れて、冷ましておきます。

作り方🍳

①焼きなすは一口サイズに切っておきます。
②玉ねぎを炒めます。
 (1)玉ねぎをみじん切りにカットします。
 (2)フライパンに、オリーブオイルを熱し、弱火で、ホールスパイス(カルダモン・クローブ)を香りがでるまで待ちます。
 (3)香りが出たら、玉ねぎを入れて、炒めます。
 (4)茶色くなったら、火をとめて、粗熱をとります。
③合いびき肉に卵・炒めた玉ねぎ・塩・胡椒・ナツメグを入れ、よくこねます。
④③に焼きなすを加えて、さらに軽く肉と馴染ませるようにこねます。
⑤④にオートミールを調節しながら適量を加え、適度な固さになったら、成形します。
⑥冷蔵庫で20分寝かせておきます。
⑦寝かせておいたハンバーグを焼いていきます。
 フライパンにオリーブオイルを熱し、ハンバーグを入れ、強火で表面をこんがり両面焼きつけたら、弱火にして蓋をし、じっくり10分焼きます。
焼いている間に、ソースを作ります。
 小さめのボウルにソースの材料をすべていれておきます。
⑨ハンバーグが焼けたら、いったん、皿に取り出します。
 フライパンの余分な油をふき取り、ソースの材料を一気に入れて、少し煮詰めます。
⑩⑨の中にハンバーグをいれて、全体にからめたら、完成。

  焼きなすハンバーグ完成図

今日から9月。

季節の変わり目でもあり、日中は暑くても、朝晩は少しずつ涼しくなってきましたね。

そうすると、選ぶ食材も、夏食材中心から少しずつ秋の食材を取り入れていくといいですね。

食材のチカラ。

これからも、微力ながら、皆さんに伝えていけたら…と思っています。

次回も、楽しみにしててくださいね(^^)/

 

では、

皆さん、引き続き、

STAY HOME…☘, STAY SAFE…☘,STAY HEALTHY…☘,

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました🌈

素敵な一日をお過ごしくださいm(_ _)m