6月は、梅雨シーズン☔
雨の日や曇りの日。気分も沈みがちになってしまいがちですよね^^;
どうしたら、元気に快活に過ごせるのでしょう?

ジメジメと湿度が過剰になると、「湿邪(しつじゃ)」となって、私たちの身体に悪影響を及ぼします。
特に、胃腸はジメジメした湿気が苦手。
だから、この時期、食欲不振になったり、だるさや、むくみが気になったら、この「湿邪」が胃腸を傷めている症状です。

それを予防する、食材。
やはり、旬の食材を食べること。

そこで、気をつけてほしいのは、旬の食材でも五性があって、「熱性」・「温性」・「平性」・「涼性」・「寒性」…とそれぞれ、性質があるので、それを活用していきましょう。

梅雨冷えなどで、体が冷えている感じがする、そのうえに湿邪による症状がある場合は、旬の食材のなかでも「温性」や「平性」の食材中心にし、スパイスなども組み合わせると良いです。
逆に、蒸し暑くてたまらないぞ~!なんて日は、「平性」や「涼性」の食材中心にし、すいかやメロンなどのフルーツ、「寒性」食材も取り入れるのがおすすめです(^^)/

◎旬のおすすめ食材🍉

🔶野菜・フルーツ

・枝豆 (平性)むくみや胃腸の不調に効果的
・かぼちゃ平性)疲労や体力不足で胃腸強化

・とうもろこし平性)胃腸を整え、気を補う。むくみにも効果的です。とうもろこしのヒゲには、特に利尿作用があります。
・らっきょう温性)気の巡りをよくするから、気分の落ち込みやストレス発散に…。
(作用が強いので、毎日少量ずつがいいですよ。)

・なす涼性) むくみ、胃腸の不調。体にこもった余分な熱を冷ますので、にきびや吹き出ものなどにも効果的です。
・ピーマン涼性)暑さによるイライラ、気の流れをよくし、胃腸の不調にも効果的。
・ミント涼性)体の余分な熱を冷まし、イライラや疲れ目に効果的。
・すいか寒性)体の熱を沈め、夏バテやむくみ解消に…。
・メロン寒性)むくみ、口や喉の渇きに。

🔷肉・魚

・カツオ(平性)胃腸を強化しむくみにも効果的。子供からお年寄りまで、全ての年代におすすめの食材の一つです。
・しじみ(寒性)体にこもった余分な熱を鎮め、余分な水分を排出してくれます。